さくらんぼ生育状況5/27

みなさんこんんにちは!
丸松農園の三浦です(◎^^◎)


先週、さくらんぼの写真を撮りに行った時は、
大きくなっていた実はわずかでしたが、





今日は


1番




2番





ふさふさに成っています♪♪


(表現違うかな笑)




こんなに大きいなら・・・

と、一つ頂いてパクリと食べてみた所、



「うーん・・・・・まだすっぱいか笑」

でも、味はしっかりさくらんぼなんですよ♪



赤くなった頃にまた頂きたいものです・・・・。



今日は、さくらんぼ畑での作業も次の段階へ!!



鳥からさくらんぼの実を守るために、さくらんぼ畑を覆っているビニールハウスの骨組みに、
ビニールをかけるんだそうです(鳥って意外とさくらんぼ好きなんですね・・・)




この作業がまた大変!!

農園スタッフは朝6時からこの作業をするそうです。




まず、とても広いハウスなので、ものすんごーく重いビニールを持って、ハウスの骨組みに上がります。


3番





スタッフから「うおー!」と掛け声が聞こえます。
ものすごく重そうでした。


次に


4番



ビニールをハウスの中央に置き、ごろごろと転がして全体に広げます。


最後にビニールを全体にかけるため、



5番




上にひっかけてから、骨組み中央にと反対側にも被せていきます。


6番


気をつけて!!

この後に青いネットをかけて1棟が完成となります。


これを農園スタッフ3人でやっていました。
1時間で1棟」仕上げるのが理想なんだそうです(。_。;)すごい!!
1棟終わる頃にはみなさん汗だくでした!!






さくらんぼってホントに

手が込んでいるんですね!!



本当に勉強になります!





ちなみに・・・・
撮影の際に私もハウスに登ったのですが、



7番



見てくださいこのへっぴり腰・・・・笑
農園スタッフにも笑われてしまいました。

本当はこの後もお手伝いしたかったのですが、手を離せずに断念してしまいました(;▲;)


農園スタッフの皆さん、気をつけて作業してくださいね!!


スポンサーサイト

さくらんぼ生育状況5/26

こんにちは!丸松農園の三浦です(^U^)/
今日も半袖に汗拭きタオルをしっかり持ってブログを書いております。
5月も後半になり、社内でもさくらんぼの話題は日増しに多くなっています。

私、この世に生を受けて22年(もうすぐ3年・・・)



人生の中でこんなにさくらんぼのことを

考えたことがあっただろうか・・・・笑



地元山形県ならではのさくらんぼのすごさを知った気がします(●>_<●)





さて、先週の5月23日土曜日、当農園の倉庫を会場にして、
さくらんぼの生産者さんに集まって頂き、出荷説明会を行いました。

出荷説明会では、生産者さんさくらんぼを持ってきて頂く時の流れを確認したり、箱の梱包の仕方を確認したりしました。


1番



当日は午前と午後、2会場で開催したのですが、農園に登録して頂いている生産者さんが合計98名、
パート、アルバイトさんやご家族、ご親戚を含めると、合計で約240名の方にお集まり頂きました。



こんなにたくさんの方からさくらんぼを提供して

頂いているんですね!!



出荷説明会では、生産者さんがさくらんぼを持ってきて頂く時の注意点や、さくらんぼを詰める時の注意点を、農園スタッフか
ら説明させて頂きました。


2番



わがひでちゃんファーム丸松農園のひでちゃんからも、さくらんぼへの熱い思いをお話させて頂きました。


3番




生産者さんと農園とがさくらんぼについて、品質に共通の基準を設けそれを徹底していくことで、
生産者さんにもお客様にも農園にも良いさくらんぼを作ろう!
そして更にその基準を高めて行って、もっともっと良いさくらんぼを提供しよう!
と言う内容でした。

お客様に自信を持って提供出来るさくらんぼ作りは、農園と生産者さんが共に一丸となることで初めて出来るんだな、
と、今まで農業に全く関わってこなかった私は農業の熱い思いにちょっと触れた気がしました。

説明会の後には、さくらんぼの目揃え会として、実際にスタッフがダイヤパックというパックにキレイにさくらんぼを詰めて生産者さんにお見せしたりしました。


4番




5番



さくらんぼの軸は中央に向けるんですね!


こんなきれいにするなんて、不器用な私にはできなそう・・・・(;_;)



生産者さんたちも真剣そのものでした。こんなにたくさんの生産者さんがさくらんぼを一生懸命作ってくれるんなら、


そりゃあおいしくないはずがない!!!(’▽’)ノ


すっかり一人のお客さんになってしまっていた私でした(笑)

さくらんぼ生育状況5/21

こんにちは!丸松農園の三浦です。

いや~、今日は全国的にも気温が高いですが、
丸松農園のある山形県寒河江市も、真夏のごとく暑いです!!(。_。;)

先週まではストーブを付け直すほど寒い日もありましたが、
今週は私も半袖に汗拭きタオルを持参して出社しております・・。


汗をふきふき仕事をしておりましたら




「・・・・こんなに暑くて、さくらんぼどうなっただろう!?!?」





と、ふと心配になりまして、






「す、すいません、ちょっと見てきます!!!」




と、日が傾かないうちに、急いで農園へ!(仕事大丈夫?笑)



車から降りて、さくらんぼ達の状況を確認しました。



そしたら、私の心配をよそに、





ほら、ほら!!   



1番


2番







実が大きくなっているの、


お分かりですか?




やったーー!(^▽^)ノ



暑さにも負けず、しっかりと実を大きくしてくれていました。



中には、



ちょっと赤く色づきそうなものもありました。



初夏の訪れと共に、さくらんぼも着々と育ってくれそうですね!



私も早くたべた・・・・(●~▽~●)


いやいや、お客様に一早くお出しできるように、
今後も生育状況をお伝えしたいと思います!!


また次回をお楽しみに♪♪

さくらんぼ生育状況5/11

こんにちは!丸松農園の三浦です。

GWも終わり、連日暑い日が続いています。
ひでちゃんファームのある山形県寒河江市も、東北とはいえ、毎日夏のように暑く、社内では早くも半袖姿の社員もちらほらと見え始めています。


前回、花も枯れ始めて、早く実にならないかな~~?
と思っていたところですが・・・・


今日農園を訪れてびっくり!!


1番



見てください!!

 

こんなに実になっていますよ!!!


私も恥ずかしながら、初めてさくらんぼの青い実を見ました。

今年のさくらんぼ佐藤錦全体の実の成り具合は、例年よりもやや良好だそうです。


このさくらんぼ達も、順調に育てばあと二週間程度で赤く色付いてくるそうです。
楽しみですね~~(‘U‘)


この一見硬そうな青い実が、あんなに赤くて、プリッとした実になるなんて、本当に不思議ですね!(●>_<●)



中を割って見てみました!

 

 

(パカッ)



2番





真ん中の白い部分、お分かりになるでしょうか?
この部分は、今はまだゼリー状でやわらかいのですが、これがさくらんぼのあの硬い種になります。



下の写真は、残念ながら実にならなかったさくらんぼです。


3番




前回私も体験させて頂いた人工授粉作業の中で、10日間毎日すみずみやっていても、こうやって実らない物も出てきてしまいます。




実らなかったさくらんぼの分まで、たくさん栄養をつけておいしく育ってほしいです!


スタッフの次の作業としては、
さくらんぼを強い雨や鳥から守るために木を覆っているハウスの骨組みに、
ビニールをかけるそうです。


4番



高い所での作業は恐そうですね。。。。


さくらんぼの最盛期まであとちょっと♪♪

「でも、5月もさくらんぼ食べたい!」
「5月にさくらんぼ送ってびっくりさせたい!」


という方、5月のさくらんぼハウス佐藤錦はご存知でしょうか?

私は本当に無知なので、5月にさくらんぼが食べられるなんて、入社してから知りました(恥)


露地栽培のさくらんぼ佐藤錦の収穫は6月下旬頃とまだまだ先ですが、
一足先に食べられるハウス栽培のさくらんぼ佐藤錦は
ただ今ご注文順に発送中です♪

ハウスさくらんぼ佐藤錦300g化粧詰ハウスさくらんぼ佐藤錦化粧詰め500g
そして、かわいい入れ物に入っている、ハウスさくらんぼダイヤパック200g(100×2)は、
ただいまご注文順に発送しております♪


是非こちらもご覧くださいね★







そして前回はとうもろこしのピュアホワイトの種を植える作業もお伝えしましたが、
その後ピュアホワイトは・・・


5番


6番



ここまで大きくなりました!!!!



黒いシートをかぶせているのは、水の蒸発を防ぐ為と、中の温度を一定に保つためなんだそうです。最初の方は頻繁に水をまいて育てるそうです。


収穫は、7月になる予定で、おいしく育ったものは、直売所や朝一で販売するそうです。


さくらんぼだけでなく、こちらも楽しみですね!(^■^)ノ



テーマ : お取り寄せグルメ
ジャンル : グルメ

さくらんぼ生育状況5/2

はじめまして!丸松農園の三浦です。

私は今年ひでちゃんファームに入社しました。
ついこないだまでは大学で栄養学を学んでいました。
ですので、果物については全くの初心者!!果物1年生です。

お恥ずかしい話ですが、22年間山形県在住ながら、さくらんぼの木をちゃんと見たのは入社してからです(^^;)


会社では毎日果物の話が飛び交い、日々新しいことと出会っています。


そんな私ですが、これから果物の知識を沢山身に付けて、お客様においしい果物を提供できるように頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m



さてさて、今日の寒河江市は曇りながらもポカポカと心地よい天気です。農園のさくらんぼの花はどうなっているでしょうか?


一番



じゃじゃーん!皆満開です!(私も一緒に写りました)





良く見てみると、少しずつではありますが、花が枯れ始めています!お分かりでしょうか?



二番



花が枯れるとそこから実になっていきます。さくらんぼの赤ちゃん達に会えるのも、もうそろそろみたいです♪ 


そんな今日も人工受粉作業をしていました。4月20日頃から10日間ほど行っていた人工授粉作業も今日で終わりです。


今年は、毎年受粉をしてくれているみつばち達が少なく、毛ばたきを使って丁寧にやさしく花に受粉用の粉を付けていきます。



三番



毛ばたきには黄色い受粉用の粉が付いています。


四番



五番



貴重なみつばち君たち、受粉してくれてありがとう!



さくらんぼの花は高い所から低い所まで四方に咲いていて、木1本分付けるのにも大変です。
今日みたいな暖かい日は、次第に汗ばんできます。

農園には約300本近くさくらんぼの木があり、それをスタッフ3人が日に焼けながら人工授粉させています。


おかげでスタッフは夏でもないのに小麦色の肌をしています。(笑)


いつもお皿の上でしか見たことがないさくらんぼを育てるのには、継続した努力が必要なんだと私も改めて思いました。



今日はその他にもひでちゃんファームで育て始めている野菜も見学してきました。


七番


農園のビニールハウスです。

八番






白いとうもろこしのピュアホワイトの種を植えています。これを1800個植えるんです!気が遠くなるような作業です。


九番

10番


丁寧に一つずつ植えていきます。

種のとんがっている方を上に向けて、一定の深さに埋めないと、根が逆に生えたり、成長が一定にならないそうです。



ピュアホワイトだけど種は消毒によってピンク!


試験的に植えているこのピュアホワイトは、8月頃に収穫予定だそうです。


美味しく育ちますように!



もしこのピュアホワイトが上手く育ったら、いつかはひでちゃんファームでもお出しできるかもしれないとのこと!!


100年に1人のとうもろこし好き女の私は、



「うーん、いいっすね~、それ(●=∀=●)



・・・・・・・・試食会には絶対呼んでもらおう・・・・(~v~)ノ♪





プロフィール

丸松農園

Author:丸松農園

山形の美味しい果物を全国にお届けします!

イベント開催中!
丸松農園onlineshopの新規会員登録で100ポイントプレゼント♪
新規会員登録無料

商品プレゼント
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード