検品!

皆さん、こんにちわ。
農園スタッフ佐藤です。

さて最近の寒河江も、突然雨が降ったり、日差しが強かったりと
梅雨の時期が感じられるようになってきました!

発送現場も、繁忙期の6月に向けての準備が着々と進んでいるようです。

普段は事務所内で作業をしている佐藤ですが、
つい先日、事務所の隣の倉庫で行われている発送現場へ
初めてお邪魔してきました!(・∀・*)ワクワク




発送現場では、サクランボなどの検品作業やハコの組み立てが行われていました。

kenpin2.jpg


6月になれば、この倉庫内に農家さんから運ばれてきたサクランボがこれでもかと積み上げられ、
パートさんがずらっと並んでサクランボの検品作業を行い、
まさに戦場のような忙しさになるのだそうです・・・( ̄~ ̄;)ゴクリ

ところで、サクランボの「検品作業」はどんなことをするのでしょう?
折角なので、検品作業を体験してみました☆


発送現場のスタッフにやり方を聞いたところ、
まず、さくらんぼは直接手で触ってはいけないとのこと!
人肌の体温で、さくらんぼの果皮はヤケドをおこしダメになってしまうのだそうです。

もちろん、ごろごろ転がし検査するのも、傷んでしまうので×!!
さくらんぼって、本当にデリケートな果物なんですね。
佐藤の心みたい・・・・・・・・ 嘘です、スミマセン。

そのため、検品ではさくらんぼに目をじっと凝らし、
傷や割れがないか・熟んでいないかを厳しくチェック。

もし発見したら、手ではなくお箸のようなもので、そ~・・・っと取り出すのだそうです。

kenpin1.jpg

↑検品作業をしているスタッフを見よう見まねで、

佐藤もチェック!↓
kenpin3.jpg

上から覗き、横を見回し、隙間なくぐるりと底まで見渡します。

ふむ・・・

ふむふむ・・・・

じっと目を凝らし・・・

・・・・うん、OK!!  多分!!
(念のためベテランスタッフにも確認してもらいました^^;)

これは何回も繰り返すと、確実に目や肩が懲りますね。

しかし、皆様のもとへ美味しいさくらんぼを届けるためには、
とても大事な、厳しい検品作業!



配送現場のパートの皆様、本当にお疲れ様です!m(_ _)m







スポンサーサイト

皆さんこんにちわ、農園スタッフ佐藤です。

今日の寒河江は朝の通勤時間からポツポツと雨が降っていました。

そろそろ、小さかったサクランボの青い実
膨らみ始めたかな・・・?

ということで、農園へ出掛けて参りました。

ame526
前より膨らみ始めた、サクランボの青い実

なんだか頭をシャンプーしてるように見えます・・・。

本日も、農園スタッフ佐藤が当農園の近況を報告させて頂きます(・∀・*)

先週の土曜日、サクランボを提供してくださっている生産者の「いずみ会」の方々へ
出荷説明会が行われました!

看板

場所は広い倉庫の中で開催。
開場前はこんなにガランとしていましたが・・・
開場前.jpg



150

約150名もの生産者の方にお越し頂き、

昨年と同様、さくらんぼを出荷して頂く際に必要なことや、さくらんぼを箱などに詰める時の注意点、
受粉作業には欠かせない蜂などのお話を、
農園スタッフから説明させて頂きました。


説明2説明1<


そして!当農園ひでちゃんファームの「ひでちゃん」にも、
さくらんぼへの思いを語って頂きました。

社長挨拶

現在さくらんぼ農家を営んでいる皆さんの労働状況など、私自身、知らないことが沢山ありました。
説明会後も、次々と農園スタッフに質問をして下さる生産者の方々。。。。

とても勉強熱心です・・・!

めぞろい

質問2

佐藤は写真を撮っているだけで汗だくです。
すごい熱気でした(^^;)

約2時間の説明会でしたが、
さくらんぼへの情熱がどこよりも熱いと肌で実感しました!

生産者の方の熱心な姿を拝見して、私自身、
地元・山形の美味しいサクランボを全国にお届けしたい!と気合が入りました!!

生産者の皆様、お忙しい中お疲れ様でした!

さくらんぼの青い実。

こんにちわ、本日も佐藤が気になることを検証してみました!

先日ブログで宣言した通り、
Dスケさんにさくらんぼの青い実を一粒頂いて、食べてみました。

食感はたくあんのようで、 パリッ と良い音が。
・・・しかし、正直な感想を言ってしまいますと、
ほんのり甘いどころか、
食べた瞬間

「ぐぁッニッガッ これピーマンですか!?∑(`益´;)」

という感じでした。渋い味のせいで渋い顔になります。

ただ、後味はほんのり、本当にほんのりですが

さくらんぼの香りがするような、しないような。



↓佐藤の食べかけで申し訳ないですが、

aoimi519


白い部分の種は予想通り柔らかく
特に種の中にある果汁(?)が苦味の8割を担っていたような。

苦味で舌がしびれていて、ピーマンのような味しか感じられませんでした・・・。


はやく赤いさくらんぼが食べたい。

さくらんぼ生育状況5/17

こんにちは、佐藤錦の佐藤です!

今日の山形は暖かいお天気で、夏の気配をひしひしと感じます。

さて、つい先日農園へ行ってまいりました!

aomi5/17

綺麗だった花びらも茶色く落ちて、沢山の実が顔を出していました。

最近は天候の良い日が続き、樹も葉っぱをふさふさ茂らせて嬉しそうです♪

そして面白いものを発見!

まだ花びらが落ちきっていない実を
よぉ~く見てみると、
kuragehana


雄しべでしょうか雌しべでしょうか、触覚に見えてきませんか?
さくらんぼというか、なんだかイソギンチャクのようです。笑


そしてツルンとどんぐりのような青いサクランボの実、

是非、食べてみたい。


どんな味がするのか、好奇心がうずきます。

まだ苦いのでしょうか?

佐藤の予想では、種はまだゴマ粒くらいで柔らかく、
実は硬い気がします。味はほんのり甘いかも・・・?

不審者の如く農園の中をキョロキョロ見渡しながら

佐藤しかいないことを確認。

青い実に手を伸ばしかけましたが、
勝手に食べたら農園スタッフに怒られると思い
一旦ひくことにしました・・・・。身長は大きいのに気が小さい佐藤ですみません・・・・。

でも食べてみたい。


こうなったら農園スタッフのDスケさんに直接交渉してみます。

青い実、皆さんはどんな味がすると思いますか?

桜とさくらんぼ。

こんにちわ!佐藤錦大好き佐藤です!

皆さん、突然ですが
 桜  さくらんぼ って、発音が似てませんか?

小さい頃から、
「 さくらんぼって桜の仲間なんじゃ・・・?? 」と疑問に思っていたんです。


ということで、真相を探るべく
さくらんぼ農家を経験した祖母に聞いてみました。

私「 さくらんぼって、桜の仲間かな? 」


祖母 「 んだがもすんねね。 (そうかもしれないね) 」

母「 桜が咲いたあとって、小さい実が成ってたような気がするけれど。 」

父 「 ・・・ 桜の赤ちゃんで「桜ん坊」なんじゃない? 」

   おお!?Σ(○皿○;) 「桜の坊」 で 「さくらんぼ」 !?
   


そうかもしれない!!

確証を得るため、インターネットで調べたところ・・・

「サクランボは、桜の実という意味の「桜の坊」の「の」が撥音便となり、

語末が短母音化したと考えられている。(wikipediaより抜粋)」



当たった・・・!


ちなみにサクランボは バラ科サクラ属 だそうです。
        桜も バラ科サクラ属 。。。

ということは、やはり親戚 ということなんですかね!?!?








ようやくスッキリしました・・・!



 

さくらんぼ生育日記5/12

こんにちわ!佐藤錦大好きです。
農園スタッフ佐藤です(^∀^○)

今日の寒河江は少し肌寒い天気です。

先ほど栽培スタッフから蜂援軍の様子を聞いたところ、

 撤 退 !!!

したそうです。

受粉作業が終われば、

ミツバチの援軍は雇い主のもとへお返しするとのこと。

傭兵ミツバチだったんですね。佐藤はてっきり一年中いるかと思っていました(--;)


さて、気を取り直して。
ひでざくらの様子は・・・?





hidezakura512
花びらが茶色くなってます。

既に花が散っているところも。
花と青い実512


ん!?

この花の中に埋まっている緑色の実ってもしや

青い実512

さくらんぼ・・・!?



2×年間、山形に住んでましたがさくらんぼの実初めて見ました!感動!

果皮はどんぐりみたいにつるんとしてます。見た目はまだ硬そうです。

どうしたらこの状態からあのジュワッと美味しいさくらんぼになるのか、、、、

皆さんにしっかりお伝えしていきます!○ミ(・∀・*)オー!




おまけ。

ナゾの種。

農園からの帰り際にハウスへ寄ったところ

スタッフが白い粒を植えていました。

negi512

四角の隅に一粒ずつ植えていきます。

negi512-2


おもちゃの弾にも似ているコレ。

種をコーティングしているため白い粒になっているそうですが、
実際はもう少し小さい種なんだそうですよ。

negi512-3

ちゃっこい・・・。
みなさん、分かります??
私は分かりませんでした!





正解は・・・






ネギでした☆

さくらんぼ生育状況5/6

こんにちわ!丸松農園の佐藤です。
ゴールデンウィークも明け、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

今日の寒河江は夏日和で、最高気温は25度だそうです。暑い・・・!(^^;)
(先週まで電気毛布に寝てたのが嘘のようです)

先週に比べると、事務所内の気温もぐっと高くなりました。
全国的に温度も上昇気味です。皆さんも熱中症などにお気をつけ下さい。

さて、本日農園へ訪れたところ、

とうとうさくらんぼの花がぱあっと畑一面に咲いていました!

すごい綺麗・・・!!なお花畑の中に、農園スタッフのお二方発見!

受粉1.jpg



手には花が咲いた枝が。

佐藤「何の作業ですか?」

スタッフ「受粉ですよ(^^)これをやらないとさくらんぼの実が成らない、大事な作業なんです。」

そうなんですか!?お疲れ様です!



去年のブログにも更新されてますが、確か毛ばたきで受粉作業をしていましたね!

しかもよく見ると、農園スタッフの他にも受粉作業の助っ人を発見!


hati3.jpg

見つけられましたか?



hati2.jpg
あっちにも!

hati1.jpg

こっちにも!


私の眼力で大体の数ですが、1本の樹に5~7羽ほど群がっておりました。

近づいても花の蜜に夢中なようで、佐藤には目もくれませんでした。ショボン
農園の蜂たちは意外と大人しいんですね。

しかも、このハチたちは丸松農園で初の!!ハチ援軍なんだそうです!

佐藤が逃げ腰気味で、蜂の巣箱を覗くとブーン・・・ブーンと元気な羽音が響いてきました。


サクランボの花の咲き方ですが、桜とは違い

一輪一輪がもこもこっと所狭しに咲いていて、ぼんぼりみたいな形なんですね。

お客様からのお電話で、「今年のサクランボはどうですか?」「桜桃は元気ですか?」
というお問い合わせを頂きますが・・・。

元気に生育しています!(^0^)

美味しいさくらんぼ、佐藤と全国の皆さんが期待してます!!

プロフィール

丸松農園

Author:丸松農園

山形の美味しい果物を全国にお届けします!

イベント開催中!
丸松農園onlineshopの新規会員登録で100ポイントプレゼント♪
新規会員登録無料

商品プレゼント
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード