さくらんぼ畑に行ってきました!


本日はここ最近で一番天気が良かったので、

当農園のさくらんぼ畑の様子を見に行ってきました!



蔵王
 ↑ Mt.蔵王


この陽気のおかげで視界も良く、

農園の作業小屋の二階からは、

南東に蔵王、北西に月山を望むことができました♪



月山
 ↑ Mt.月山






さて、当農園ではすでに剪定作業も終わり、
あんなに枝が茂っていたさくらんぼの樹はスカスカに…



さくらんぼ畑
 ↑ さくらんぼ畑の様子



しかし、このぐらいのサッパリ感があったほうが、

園地内に光がまんべんなく差し込み、

栄養分を作り出す葉っぱに日が当たることで、

しっかりとした大きな果実を育てるんです。



さくらんぼ先
 ↑ さくらんぼの枝先の様子



これからこの芽がどんどんふくらんで、

5月のゴールデンウィーク前後には

真っ白い綺麗な花が満開になります。




…ところで、周りを見渡して気づいたのですが、

さくらんぼ畑には雪が残っていないなぁ…?



スタッフに聞いてみると、

「消雪剤(雪消し炭)をまいたからだよ。」

とのこと。



雪の多い東北地方では、早く農作業をはじめるために

溶け残った雪の対策からスタートするんです。



雪も解けた当農園では、これからさくらんぼ設備の組み立てや、

害虫や病気を予防する消毒などを行い、

6月中旬頃から旬を迎える佐藤錦に焦点をおき、

頑張って準備・作業をすすめていきます!



                              【私たちは果物を通じて感動をお届けしたい】
                                              by 丸松農園



▼ 新規会員登録で【初もの佐藤錦】が
  抽選で当たります!

→ ご応募はこちらからどうぞ!


▼ ただ今【母の日ギフト】受付中!

→ ハウス栽培さくらんぼ“佐藤錦”


★ 丸松農園からのお知らせ ★

 4月以降発送の商品から、送料が変わります。
 常温便525円(税込)、冷蔵・冷凍便630円(税込)となります。
 代金引換手数料は315円(税込)となります。

 ※沖縄・一部離島は航空便使用のため、別途630円(税込)がかかります。
 何卒ご理解いただきますよう宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

春のお彼岸。

こんにちは!
丸松農園の遠藤です。

春のお彼岸に入りましたね

彼岸とは、雑節の一つで、春分・秋分を中日とし、
前後各3日を合わせた7日間のこと。を指すようです。

元々彼岸の意味は「煩悩を脱した悟りの境地」のことで、
煩悩や迷いに満ちたこの世をこちら側の岸「此岸」(しがん)と
言うのに対して、向う側の岸「彼岸」というところからきているようです。


「暑さ寒さも彼岸まで」というように
季節の変わり目の彼岸の意味の方が身近ですね。


ここ山形でも雪マークがだんだん減ってきている
今日この頃ですが、8年ぶりの大雪にみまわれ
まだまだ、こんなに雪が残っていて春が来るのが
不思議だなぁというのもありますねぇ

春がくるのはいつの事でしょうか???

ところで・・・
春と言いますと、待ちに待った桜“さ・く・ら”の季節!


桜“さくら”といえば


「さくらんぼ」です。


当農園でも先日より、露地ものよりも一足早くたべられる
ハウス栽培された“初もの”佐藤錦の予約販売を開始しました♪

5月初旬頃から収穫できるよう調整して栽培してますので、
栽培が難しく、時間と手間をかけて育てた希少なものですが、
ハウスの中では雨が当たって実が割れる事もないため
形、色ともにとても綺麗なさくらんぼに育ちます。


そんな、初ものさくらんぼの予約申し込みはこちらまで。

                              【私たちは果物を通じて感動をお届けしたい】
                                                by 丸松農園



▼ 新規会員登録で【初もの佐藤錦】が
  抽選で当たります!

→ ご応募はこちらからどうぞ!


▼ 丸松農園からのお知らせ ▼
4月以降発送の商品から、送料が変わります。
常温便525円(税込)、冷蔵・冷凍便630円(税込)となります。
代金引換手数料は315円(税込)となります。

※沖縄・一部離島は航空便使用のため、別途630円(税込)がかかります。
何卒ご理解いただきますよう宜しくお願い致します。

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

あれから1年。

こんにちは!
 新入社員 森村 です。

私は宮城出身で去年の春に山形に引越してきたので
震災当時、宮城にいました。

震災直後、家の中は食器や電子レンジ、本棚やテレビなど
全てのものが倒れぐちゃぐちゃで足の踏み場もなく
電気・水道・ガス…全てのライフラインが止まりました。

それでも幸いなことに家族も友達も全員無事で、
これまで考えたことのなかった
あたりまえの生活、生きているということ
そのありがたみをすごく感じた出来事でした。


昨日、東日本大震災がおきたあの日からちょうど1年が経ち
実家の宮城に帰りました。

街中のアーケード天上には各小学校の復興に向けてのメッセージ旗が並び
写真や映像で震災の様子が流れていました。

街中を歩いているとふときれいなピンクの桜が目に入りました。
山形からの贈り物ということで
啓翁桜がいたるところに飾られていました。

啓翁桜


今私が住んでいる山形からの贈り物…繋がりを感じ嬉しくなりました。

そして14時46分…
私を含め、街中にいた通行人全員がその足を止めて
黙祷を捧げました。

当時の記憶が鮮明に蘇り
今こうして街中の人全員で黙祷を捧げていること
全員が復興を願っていること
日本中の全ての人が繋がり、「絆」をすごく感じました。

また今日から
あたりまえの毎日を精一杯生きていこうと
心に決めた大切な一日になりました。



                              【私たちは果物を通じて感動をお届けしたい】
                                             by 丸松農園



▼ ピンクの花びらが可愛らしい啓翁桜。ひと足早い春の訪れとともに笑顔も運んでくれるでしょう

→ 啓翁桜の受付まもなく終了です。


▼ 新規会員登録で【ラ・フランスジュース】
  抽選で当たります!

→ ご応募はこちらからどうぞ!


▼ ただ今、当農園自慢の“さくらんぼ”受付準備中!
  受付開始は3月末頃の予定です!

テーマ : 仙台
ジャンル : 地域情報

待ちに待った解禁日! しかし…



3月1日…

それは雪深い山形の太公望達にとって特別な日…



渓流釣りの解禁日なのです!


興味のない方にはなかなかご理解いただけないことですが、

伊豆田もこの日を待ちに待った釣り人の一人なのです…




さて、そんなワケで、禁漁明けの3月3日、

積雪の状況も考えつつ、山形市内の一級河川“馬見ヶ崎川”

中流域に入ってみました。




山形市街は、“馬見ヶ崎川”の扇状地上に開けており、

下流での流れは地下にしみ込み、

その豊富な湧き水により、市内の各地域では

農産物の栽培に役だっています。




また、川幅も広く、桜並木の川沿いの道は、

春はお花見で賑わい、

秋の河川敷では、名物“芋煮会”を楽しむ、

市民に非常に親しみのある川なのです!



mamigasaki-3.jpg



そんな馬見ヶ崎川沿いの遊歩道を少し下り、

早速釣りをスタート!




この時期のポイントとなる、堰堤下の深みなど

水深のあるエリアをルアーで攻めていきます。


mamigasaki-1.jpg




さすがに禁漁明けということもあって、

すでに沢山の先行者の足跡が!




雪代(雪解け水)の影響で濁りも入り、

追ってくるヤマメの姿はとらえることができたものの、

結果ボウズ…(毎年のことですが(汗)


mamigasaki-2.jpg




今年も雪も解けて魚達の活性も上がってくるのを楽しみに、

これから始まるさくらんぼ商戦に向けて

平日は頑張って準備を、

休日は楽しんで釣りをしていきたいと思います!




                              【私たちは果物を通じて感動をお届けしたい】
                                             by 丸松農園



▼ 新規会員登録で【ラ・フランスジュース】
  抽選で当たります!

→ ご応募はこちらからどうぞ!


▼ ただ今、当農園自慢の“さくらんぼ”受付準備中!
  受付開始は3月末頃の予定です!

テーマ : フィッシング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

丸松農園

Author:丸松農園

山形の美味しい果物を全国にお届けします!

イベント開催中!
丸松農園onlineshopの新規会員登録で100ポイントプレゼント♪
新規会員登録無料

商品プレゼント
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード